bouncy
ABOUT US
Event

美しさの中にこそ怖さが潜む お化け屋敷 THE・WITCHを一足早く先行体験!

美しいものには危うさや怖さが含まれていると思いませんか。
横浜中華街にある横浜大世界で、8月3日から期間限定で開催される、美しさ×怖さが体感できる新感覚のお化け屋敷「THE・WITCH」を、一足早く体験してきました。

絵画に描かれた世界をもとに紡がれる美しくも恐ろしい物語

お化け屋敷に足を踏み入れると薄暗い通路に、たくさんの絵画が飾られています。整然と配置された絵画は、どれもとても美しい。ですが、どこか不気味です。人物画には、こちらを見つめられているような錯覚におそわれます。

そして、THE・WITCHは、施設に飾られている「ある一枚の絵画」をもとにストーリーが進行していきます。

日本初上陸のダウンステア式のお化け屋敷

今回のお化け屋敷は、ダウンステア式と呼ばれるシステムが採用されています。入館者は、最上階から階段を使って、1フロアずつ下に降りて行き、物語の世界観に没入していける仕組みになっています。

また、館内には様々なものを「のぞく」を体験できる演出が用意されています。
のぞく先には、思わず息をのむような瞬間が待ち受けています。

我らが編集長もこの演出にはとても驚いた様子。何が見えるかはお楽しみ。ぜひ、足を運んで実際に体験してみてください。

また館内には、インスタ映えする撮影スポットも用意されていて、美しく不気味な世界観に身を置いてフォトジェニックな写真を撮ることができます。最後のフロアにたどりつく頃には、幻想的で独特な世界観に私たちも、すっかり引き込まれていました。

美しすぎるお化け屋敷を作ったのは全て女性

館内には、インスタ映えする撮影スポットも用意されていて、美しく不気味な世界観に身を置いてフォトジェニックな写真を撮ることができます。

本イベントは、女性の美しさと怖さを表現したお化け屋敷にするため、全て女性スタッフが企画して手がけたということ。これまで体験したことのない「魅せるお化け屋敷」になっていました。

今回のプロジェクトを総合プロデュースしたホラープロデューサーの夜住アンナ氏に話を聞きました。

夜住:今回のお化け屋敷は美術館をテーマにしています。美術館の不気味で幻想的な雰囲気や、絵画の中から飛び出してきたようなオバケを見ながら、物語の中に没入しいただけると嬉しいです。

・ ・ ・

THE・WITCHは8月3日を皮切りに12日間の限定開催。みなさんも今年の夏は、一味変わった、美しすぎるお化け屋敷の世界を体験してみては?

■THE・WITCH
開催期間: 2018年8月3、4、5、17、18、19、24、25、26、31、9月1、2日
会場: 横浜大世界 アートリックミュージアム
料金: チケット予約2900円/当日券3500円
開催時間: 18:00〜22:15(最終受付21:30)初日は18:15開場
対象年齢: 15歳以上(中学生不可)
チケット販売開始日: 2018年6月20日〜

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES