bouncy
ABOUT US
Transportation

あなたはどれに乗ってみたい? 世界の未来系モビリティ5種類

これまでbouncyでは、世界中のクールな最新モビリティを取り上げてきました。その中から反響が大きかったもので、bouncy編集部が乗ってみたいモビリティ、ベスト5をまとめてみました!

乗り方が気になる電動一輪バイク「RYNO Micro-Cycle」

バイクを半分に割ったようなデザインの電動一輪バイク「RYNO Micro-Cycle」が、グローバル市場向けの製造段階に突入している。一輪にもかかわらず安定した走行を可能にするメカニズムとは?

電車にも乗り入れ可能!安定走行できる電動一輪バイク「RYNO Micro-Cycle」

電動自転車×電動アシスト自転車のハイブリッドマシン「Greyp G12S」

クロアチアのRimac社が開発した、電動バイクと自転車を掛け合わせたクールなモビリティ「Greyp G12S」。シーンに応じてアクセル走行と電動アシスト走行を切り替え楽しめる次世代モビリティだ。

電動バイクと自転車のハイブリッドモビリティ「Greyp G12S」が超クール!

折りたたんで持ち運べる電動キックボード「Voltron Light」

電動モビリティを開発するVOROが開発した最新の電動キックボード「Voltron Light」。3ステップで折りたたむことが可能で、電車の中に持ち運ぶなど、機動性に優れている。都市部におけるラストワンマイルの解決策になるかも?

最大時速25km! 折り畳んで電車に持ち込める電動キックボード「Voltron Light」

キュートなレトロデザインのEV「Microlino」

「Microlino」は2015年に製作がスタートし、2016年には世界5大モーターショーの一つとなるジュネーヴ・モーターショーにも出展している。スイスとドイツ限定でプレオーダーを受け付けており、すでに4,500台以上の注文が入っているという。

電動のレトロカー?スマホみたいに充電できるマイクロ電気自動車「Microlino」

あらゆる自転車を電動アシスト化するキット!「Alizeti 300C」

電動アシスト自転車は街中でもごく当たり前の移動ツールとなったが、手持ちの愛車を電動化したいという方もいるだろう。そんな時に役立ちそうな、自転車の荷台部分に簡単に装着できる電動化キット「Alizeti 300C」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場している。

市販の自転車を手軽に電動化する「Alizeti 300C」

・ ・ ・

エコで手軽に都市部を移動できることから、世界中で注目を集めている電動モビリティ。日本の道交法の基準では、そのまま走ることができないのが現状ですが、いつか日本でも走れる日が来るといいですね。

あなたはどれに乗ってみたいですか?

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES