bouncy
ABOUT US
Art

デジタルアートと自然が融合? earth music&ecology チームラボ かみさまがすまう森

国内外のメディアから注目を集めるウルトラテクノロジスト集団・チームラボ。

彼らが得意とするプロジェクターやセンサーを駆使したデジタルアートの屋外展示、「earth music&ecology チームラボ かみさまがすまう森」が7月19日にオープンした。

「earth music&ecology チームラボ かみさまがすまう森」は今年で4回目となる展示で、昨年は世界最大のアート・デザイン・建築のデジタルメディアdesignboomで「2017年のアートインスタレーション(TOP 10 art installations of 2017)」の世界1位に選ばれた他、国内外から大きく評価された。

今年は各作品のディテールをアップデートした他、新作も加わり、より壮大なスケールになっている。会期は、2018年7月19日(木)から10月28日(日)まで。

江戸から続く庭園に並ぶ鮮やかな17作品

「earth music&ecology チームラボ かみさまがすまう森」の舞台は50万平米の敷地を誇る佐賀県・武雄の「御船山楽園」。1845年に開園した国登録記念物の名勝地で、敷地の境界線上には、樹齢3000年以上の武雄神社の神木である大楠があり、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。

庭園内には、木々や岩を活かした17作品が点在し、散策しながら作品を鑑賞することができる。

主な作品

かみさまの御前なる岩に憑依する滝

御船山楽園内、稲荷大明神にある巨石にプロジェクションマッピングの技法で滝を投影。水の流れは岩の流れに沿うように流れ、暗闇で見ると本物の滝と見まがう迫力だ。

増殖する生命の巨石

コケの生えた巨石に360度から花々を投影。この地域の花々が咲いては散り、変化していく。無限に続く花の移り変わりが巨石に刻まれた歴史を拡張する。

生命は連続する光 - ツツジ谷

つつじ谷を照らす光はそれぞれ自立していて、鑑賞者が近くを通ると強く輝き、音色を響かせる。その光と音は放射状に波及し、広がっていく。

小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング

池の水面にもプロジェクション。水面はセンシングされ、池を進む小舟と共にインタラクティブに変化する。生きているかのように泳ぐ魚の軌跡で昨日が描かれていく。

デジタルアートは非物質だからこそ物体そのものを取り入れられる

チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っている。非物質的であるデジタルアートによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトだ。

この壮大な規模の展示に込めた思いを、チームラボ代表の猪子寿之氏に聞くことができた。

ーー御船山楽園で展示を行うねらいは?

猪子:この場所は、神話の時代から人々の営みがあった場所で、例えば奈良大仏を作った行基が彫ったとされる仏や五百羅漢があったり、庭園の境界線上には樹齢3000年の大木があったり、人の営みと自然の営みがずっと続いてきたような場所。

そういうものを見たときに、人ははじめてそういう長い「時間」の概念がわかる気がする。

何か自分という存在を超越した「時間」 長い長い連続性の元に何かがあるっていうことにを、ちょっとでも気づけるようなものを作れたらいいなって思った。

ーーデジタルアートと長い歴史で変化を続けた物質の親和性は?

猪子:デジタルは長い時間を持つような森や巨石を加工することなく作品に取り入れることができる。デジタルが非物質だったからこそ、長い時を持つ物質そのものを使えるんじゃないかなと思ったんだよね。

・ ・ ・

ウルトラテクノロジスト集団は、先進的なテクノロジーを追求する一方で、自然や人の営みにリスペクトを込めて、デジタルアートでアップデートしていた。

壮大な展示で、思いもよらぬ発見があるかもしれない?

earth music&ecology チームラボ かみさまがすまう森
会期:2018年7月19日(木)〜10月28日(日)
会場:御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)
料金:大人: 1200円 中高生: 800円

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP