bouncy
ABOUT US
Art

服なのにモーター搭載!? 機械で出来た服を作るデザイナー「Anouk Wipprecht」の世界

オランダのハイテクファッションデザイナーAnouk Wipprecht氏の作品作りのテーマは「FashionTech」。エンジニアリング、科学、インタラクション/ユーザーエクスペリエンスデザインなど、様々な要素をファッションデザインに組み込んでいる。

テクノロジー × ファッションな世界

彼女いわく、ファッションに足りないのは「マイクロコントローラー」。最新の科学技術を組み合わせて、衣類に単なるデザインを超えた新しい価値を付加している。

例えば、蜘蛛の足のようなパーツが肩に付いている「ROBOTIC SPIDER DRESS」は、IoTデバイス向けのシングルボードコンピューター「Intel Edison」を搭載。埋め込まれたセンサーによって、可動式アームが攻撃するようなモーションを取るとか。

・ ・ ・

これまで、インテル、Autodesk、Google、Microsoft、Audiなど様々な多国籍企業とコラボレーションを行なっているAnouk Wipprecht氏。ハイテクとファッションの融合でアパレルの世界を変えてくれそうだ。

Anouk Wipprecht
Anouk Wipprecht

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES