bouncy
ABOUT US
Social Good

ゲームで川を綺麗に? オンラインで遠隔制御できるゴミ収集ロボット「Trash cleaning robot」

シカゴの非営利団体Urban Riversが開発した、ゲーム感覚で遠隔制御できるゴミ収集ロボット「Trash cleaning robot」。ゴミによる汚染が問題視されるシカゴ川の美化のために開発されたユニークなロボットだ。

現在クラウドファンディングサイトKicksterterでキャンペーンを行なっている。

世界中のどこからでもオンラインで操作可能

ウェブサイトからユーザー登録するだけで、世界中のどこからでもオンラインで操作可能な「Trash cleaning robot」。

搭載したカメラ映像を見ながら、ゲーム感覚でゴミを集めることで楽しみながら美化活動に参加できる。

ゲームの最終目標は「誰もゲームをプレイしなくなること」

Urban Riversのメインの活動は、シカゴの河川を清掃し川岸の生物の生息地を確保すること。最初は毎日カヤックに乗って、人の手でこの生息地を清掃したというが、1日足らずですぐにゴミが溢れかえす状況を打破するため生み出されたのが「Trash cleaning robot」だ。

「目標が達成され誰もゲームをプレイしなくなること」がゲームの最終目標というユニークなアイデア。今後川に住む野生生物のモニタリング等にも活用していく予定だという。

ユニークな清掃ゲームにあなたも参加してみては?

Trash cleaning robot
Urban Rivers

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES