bouncy
ABOUT US
Products

農業の人手不足もこれで解決?畑仕事を全自動でやってくれる4輪ロボット

シドニー大学フィールドロボティクスセンター(ACFR)が開発した4輪ロボット「RIPPA」は、画像認識技術などによって、様々な畑仕事を全自動でやってくれる。

画像認識技術で畑仕事を手伝う

ACFRは、世界で最大規模のロボット研究所の1つで、物流、探査、農業および環境、知的輸送システム、海洋システムなど、多岐に渡る分野の研究を行なっている。

その農業分野における今回のロボット「RIPPA」は、搭載したカメラと深部学習検出アルゴリズムを使用し、作物と雑草を識別可能で、雑草を発見すると自動で駆除してくれる。また、逆に作物に対して肥料を散布することもできるようだ。そのほか、内蔵するセンサーによって土壌の水分や温度を測定もできる。

・ ・ ・

ソーラーパネルからエネルギーが供給される限り、ノンストップで働いてくれる「RIPPA」。労働不足の解消に一役買ってくれそう。

RIPPA
University of Sydney and the Australian Centre for Field Robotics.

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP