bouncy
ABOUT US
Culture

インスタで人気急上昇のピンクレイクに行ってみた!

メキシコのカンクンに旅行に行くことになったので、ついでにインスタで人気のピンクレイクに行ってきました。ピンクレイクはカンクンから、車で約3時間半かかるユカタン半島にあるラス・コロラドスという小さな街にあります。個人で行くのにはハードルが高いので、私は今回ツアーを予約しました。

なんでこんなに水がピンクなのか

ピンクレイクは、塩田で塩分濃度がとても濃いため、入水することは禁止されています。隣には大きな塩田工場もあり、この近辺の塩はそこで作られているそうです。

このピンクレイクを整備している現地のお兄さんが得意げに、塩の結晶を何度もとってくれました。お兄さん曰く、最近では毎日1000人くらい来てるよとのことです。私が見渡した感じ、そこまでの観光客はいないと思いましたが。

そして一番気になるのが、このピンク色の原因。

これは赤い色素を持ったプランクトンとミニエビが大量に生息しているからで、メキシコの強い日差しによって、さらに色を濃く見せているからです。

近づいたらもしかしたらプランクトンとかも見えるのかなと思ったんですけど、目には見えませんでした。

5〜10月はこの地域は雨季で、前日には雨が降ってしまってここまでピンクに見えなかったらしいので、ラッキーでした! でもとにかく日差しが強く、砂浜や水面の照り返しが眩しいので、サングラスは必須です!

また近くに大量のフラミンゴが生息して、このフラミンゴの色が鮮やかなピンク色をしていたのですが、これはピンクレイクに生息する赤い色素を持つプランクトンを餌にしているからです。

是非夏休みにメキシコに行ってみて、このピンクレイクを生でみて見てください!

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP