bouncy
ABOUT US
Products

ロボットファッションショー「ロボコレ2018」が開催

6月19日、渋谷にある東京カルチャーカルチャーで開催された「ロボコレ2018」は、ロボット用プレタポルテ(既製服)のファッションショー。

最新テクノロジーで開発された総勢10メーカーのロボットが様々な衣装に身を包み、人間と共にランウェイを颯爽と歩いた。

参加企業

参加したのは以下の12社。

    1.Pepper(ソフトバンクロボティクス株式会社)
    2.RoBoHoN(シャープ株式会社)
    3.ATOM(株式会社講談社)
    4.Musio(AKA株式会社)
    5.Tapia(株式会社MJI)
    6.unibo(ユニロボット株式会社)
    7.Xperia Hello!(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社)
    8.Kibiro(株式会社FRONTEO)
    9.MEEBO(ユニファ株式会社)
    10. NAO(日本サード・パーティ株式会社)
    11. RoBoHoN(株式会社三越伊勢丹)
    12. Sota(株式会社クレスコ)

チケットは即日完売。

当日の取材メディアは約30、チケットは即日完売と、会場は超満員となった「ロボコレ 2018」。主催したのはRocket Road株式会社が運営するロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI」。

シャープのロボホンやソフトバンクロボティクスのPepperなどの公式衣装を企画開発製造しているロボット専用アパレルメーカーだ。

最先端素材と純国産の縫製技術を活用し、ロボットと共存する未来をアパレルという切り口で提案している。

ロボット衣装のプラットフォームを発表!

「ロボコレ2018」当日、「ROBO-UNI」はロボット衣装のプラットフォーム「ロボユニ ショッピングサイト」の記者発表を行った。

「ロボユニ ショッピングサイト」では各企業が販売するロボットや自社が手掛ける衣装をラインナップしている。

ロボットがファッションで個性を表現すれば、もっと身近になるかも?

ロボコレ
東京カルチャーカルチャー

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES