bouncy
ABOUT US
Transportation

見た目もスマートな最大時速25kmの電動アシスト自転車「The AM1」

自然なデザインにこだわった電動アシスト自転車「The AM1」が、クラウドファンディングで注目を集めている。バッテリーはウォーターボトル型でモーターもないように見えながら、しっかりと電動アシストして登り坂もスイスイ上れるようになっている。

手に入る?

「The AM1」はKickstarterでプロジェクトを実行中で、すでに目標額の約2倍の出資が集まっている。499ポンド(約7.3万円)のSuper-Early Birdプランに出資すれば、「The AM1」を入手することが可能。日本への送料は99ポンド(約1.5万円)となっている。

なお、日本の公道では電動アシストの最高速度が時速24kmまでと定められており、残念ながら微妙にオーバーしている。基本的には私有地でしか乗れないことには注意してほしい。

もっと詳しく

見た目から重量までノーマル自転車のように見える「The AM1」は、後輪にモーターを搭載している。取り外し可能なボトル型のバッテリーをセットし、ハンドル部分のパネルから電源をオンにすれば、すぐに走り出すことが可能だ。

時速25kmまで電動アシストまでとなっており、イギリスおよびEUの電動アシスト制限を守っている。アシスト力はパネルから変更でき、約32kmの距離を走行できるとのこと。重量は一般的なシティサイクルより軽量な13.5kgで、普通の自転車と変わらない乗り回しが期待できそうだ。

出資者の反応は?

“結婚式のプレゼント用にパーフェクトだね!届くのが待ちきれないよ。”
“すごくいいね!ついにモンスタートラックに見えない、軽量の電動アシスト自転車が登場した!”
“ロンドンベースのデザインで、とてもラブリーな自転車!ただ、16インチや20インチなど、サイズのバリエーションが用意されていないのは残念だけどね。”

・ ・ ・

後部に2人乗りのけん引車をつないでも、楽々進めるほどパワフルな「The AM1」。アシスト力は日本の規制とほぼ変わらないため、日本向けにチューニングされたモデルが登場することを期待したい。

The AM1
Analog Motion

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES