bouncy
ABOUT US
Art

チームラボがお台場で制作中のミュージアム「EPSON teamLab Borderless」に潜入!

6月21日、ウルトラテクノロジスト集団を標榜する「チームラボ」は、森ビルと共同でミュージアムをオープンする。施設の名前は「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」。

絵画や彫刻は一切展示されず、すべてデジタルアートで構成。520台のコンピューター、470台のプロジェクターで制御されるという。

世界でも類を見ない新しいミュージアムがオープンするのはお台場のパレットタウンの一画。5つのエリアに分かれ、トータル1万平米という広いスペースを利用して、全く新しいミュージアムが作られているという。その開発現場を特別に見せてもらった。

チームラボの50作品が常設

取材当時、館内はまだ工事中。そのためヘルメットをかぶって案内される。決まった順路はなく、迷路のような道。ふと広いスペースに抜けたと思うと、どこかで見たことのある、デジタルアートが壁に映し出される。仕切られた空間に入ってみると、また別の作品が現れる。約50の作品は、これまでのチームラボの作品だけでなく、今回新たに作られた新作もあるのだそう。

取材時にはところどころまだ整備中の作品があり、プロジェクターからは数字やカラーバーのようなものが映し出され、端々にエンジニアが座り込み、熱心にノートパソコンと格闘していた。

聞けば、520台のコンピューターを制御することは前例のない規模であり、そのシステムを作ることはとても難しいそう。本当にオープンに間に合うのかという不安と焦燥と日夜戦い続けているという。

作品の境界がない?

館内を巡っていると、いつの間にか作品が動いていることに気づく。

先程見た作品が、再び目の前にあるのだ。これがミュージアムのタイトル「teamLab Borderless」の意味。作品が動き出し、別の作品とコミュニケーションをとっているかのように寄り添い、時には作品と作品が混ざる。作品同士の境界のない「ボーダレス」な空間なのだ。

美術館の当たり前を打ち砕かれ、直感的に新しいものを見ている感、展示作品ではあまり得られない「いまここ」で起きている感が、心に強く残る。

猪子寿之がみる世界は?

ミュージアムの常識をくつがえす「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」。その取り組みには、どんな展望があるのだろうか?

代表の猪子寿之氏に話を聞くことが出来た。

ーーオープンのきっかけは?
猪子:本当に新しいことをやりたいと思っていたんです。ニューヨークにMOMAという美術館があって、それが「ホワイトキューブ」という白い空間に展示する今の現代アートの形式を作ったのですが、21世紀になって新しいアートのありよう、美術館のありようを実験したり模索したりできると良いなと思いました。

ーー新しい美術館の具体的なありようとは?
猪子:大きく違うのは2点あり、一つはフォーマット。全部デジタルだけのミュージアムになっていて、コンピューターにすべてデータが入っている。美術館でいう所蔵庫にあたるものがコンピュータ。そして光で表現するので、ホワイトキューブとは違って暗い、黒いボックスになっています。

もう一つここでやりたかったのは、「境界のない世界をつくりたい」ということ。

人間はほっとくと境界をたくさん作ってしまうんです。よく考えると宇宙と地球のはっきりした境界がないように、本来世界に境界は無いんだけど、概念的に人間が作る。アートは人間の概念の象徴だと思うんだけど、デジタルになって、一個一個の作品は独立しているけど、境界が極めて無いような、そういう美術館を作りたかった。

境界のない美術館をつくることで、境界のない世界を提示できればなと思います。

・ ・ ・

新しいミュージアムは、猪子氏が極めてフラットで境界がない、世界中が一つのチームに包括されるような世界を目指して構想したものだった。完成は間もなくとのこと。どんな世界観を見せてくれるのか、bouncyでは取材を続ける予定だ。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
所在地:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
開業:2018年6月21日

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES