bouncy
ABOUT US
Products

脳震とうを色の変化で教えてくれる小型センサー「Tozuda」

フィラデルフィアに本社を置くヘッドインパクトセンサー製造会社Tozudaが開発する「Tozuda」。センサーに一定の衝撃が加わると、内部の透明な液体が赤色に染まり、脳震とうが起きた可能性を警告してくれる小型カプセルだ。

買える?

現在、Kickstarterでクラウドファンディング中。25ドル(約2700円)から購入できる。プロジェクトが成功すれば、2018年9月にはお届けしてくれるようだ。

一目で脳震とうの可能性がわかる

Tozudaセンサーは、数ミリ秒以内にあらゆる方向からの衝撃を検出し、その衝撃が85Gを超えると、Tozuda内部の液体の色が透明から赤色に変わる。視覚的に脳震とうが発生した可能性をチェックできるわけだ。

また、Tozudaは重さも8グラム程度しかなく、取り付けもテープで固定するだけなのであらゆるヘルメットに装着できる。自転車やオートバイなど、様々なシーンで活用できそうだ。

何故、85G以上か?

ブラウン大学が161,000件以上の試験によって導き出されたデータに基づいており、大人の場合、85G以上の衝撃が加わると60%の可能性で脳震とうが発生してしまうようだ。

・ ・ ・

一歩間違えば重大な事故にもつながりかねない脳震とう。Tozudaのようなデバイスを活用すれば、スポーツをより安全に、より楽しくプレイできるはずだ。

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES