bouncy
ABOUT US
Transportation

都市環境が変わるかも?ドイツの街中を走る無人のロボタクシー「CUbE」

ドイツに本拠を置く自動車部品メーカーのコンチネンタルが開発した、ロボットタクシー「CUbE」。

センサーやネットワーク技術を搭載し、無人で走行することができ、都市部における無人モビリティとして、都市交通のソリューションになる可能性を秘めている。

CUbEで渋滞もなくなる?

車の所有者が減って、ロボタクシーを利用する人が増えれば、既存の駐車スペース必要なくなり、公共のスペースに変えられる可能性があるし、高齢者の貴重な移動手段にもなるだろう。もちろん、車が減れば交通渋滞や事故、大気汚染も減っていく可能性がある。

・ ・ ・

CUbEは、2018年の4月にフランクフルトの大学のキャンパスで、既に試験走行ができる完成度。来年には普通にドイツの街中を走っているかも?

CUbE
Continental AG

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES