bouncy
ABOUT US
Event

65歳の父に初体験をプレゼントして、今年は特別な父の日を過ごしてみる!

今年で30歳、思えば父の日にあげるプレゼントはありきたりなものばかり。
社会人になってから多忙になり、結婚して家を出て、父と深い会話をすることも少なくなってきました。

今年で父も65歳、父の偉大さは年を重ねるごとに感じます。

歳をとって新しいことにチャレンジしにくくなった父に、今年の父の日はちょっと工夫して、父との思い出を作ってみよう!

そんな想いから始まった今回の企画でした。

選んだのは「体を動かす楽しみギフト」

選んだのはソウ・エクスペリエンスから提供されている「体を動かす楽しみギフト」。
様々な体を動かす体験が387コースも用意されているギフトです。

選んだポイントは3つあります。
1つ目は「普段出来ない新しい事にチャレンジできること」
2つ目は「自分の出来る範囲で選べること」
3つ目は「父と一緒に自分も体験できること」

さて父はこの多くの選択肢から何を選ぶのか?

実際にプレゼントしてみた

実家に帰り、日頃の感謝を込めて、少し照れくさいけどここまで育ててくれた父に渡すプレゼント。父もまんざらではない様子、ひとまず良かった。

さて、このギフトの中から父に好きなものを選んでもらいます。まずは行ける範囲の関東近郊、65歳という年齢を考えて体験してみたいものを選んでもらいました。父が出したのは「サイクリング」「ゴルフレッスン」「セグウェイ」でした。

この中で全くやったことのない体験はひとつだけ、セグウェイです。どうやら父はテレビで見たハワイの海岸線を走るセグウェイに憧れていたようで、その話を何度も繰り返していました。

セグウェイに決定!

選んだ「セグウェイガイドツアー in 国営昭和記念公園コース」をネットから予約します。今回は自分も一緒に体験するので、別で予約を済ませて一緒に体験することに。

自分の車で、父を乗せて自分が運転していきます、これも父の日ならでは。

いざセグウェイを体験

国営昭和記念公園に向かう途中に降り出した通り雨は、到着したら綺麗な青空になり、天気も味方してくれました。

ガイドのうーかさんから簡単な説明を受けます。
「呼びやすいように名前やあだ名を書いて胸につけてください!」

寡黙で真面目な父、あきおさん。あだ名なんて聞いたことなかった30年。

書いた名前は「アッキー」でした。

おいおい、そんなお茶目な部分あったのか、知らなかったよ。

そんなアッキーと共に練習をします。父もそうですが、自分も初めてだったセグウェイ。これがなかなか面白い。父は決して運動神経がいいわけでなく、アクティブな方でもないので少し心配して見てると…

「アッキーこっちでーす!」
「は〜い!」

そこには短時間で乗りこなし、ガイドのうーかさんとハイタッチする父の姿が。

初めてそんな姿見たけど、何より楽しそう。本当に良かった。

昭和記念公園をぐるっと回ります

練習を終えたら公園に出ます。これがものすごく気持ちいい!

天気の良い初夏の気持ちのいい気温のなか、緑が生い茂り、ネモフィラが咲き誇り、湖には野鳥が訪れる、東京ドーム約40個分もある広大な公園を、心地よいうーかさんのガイドを聞きながら回ります。

途中で日本庭園にあるお茶屋さんで一休み。日本庭園の美しさとお茶の粋な計らいに、父は写真を撮りまくり母に送ります。

ツアーも終了

1時間30分ほど公園を回り、楽しかったツアーも終了。

「いやー楽しかった! もう最高!」

父は本当に楽しんでました。あの笑顔、言葉は取材してるからとかそういうの関係なく、心の底から出た言葉だ。息子には伝わってるぞ。

でもそれはこちらも同じ。この歳になって父に初体験をさせてあげられた事、楽しそうな姿を見ることは出来たのは良かった。すこしは恩返し出来たのかなと。

その日の夜に来た父からのメッセージ

「セグウェイなんて、乗ってみたかったけど、こんな機会がないと一生やらなかったと思う。貴重な経験をさせてもらった。本当にありがとう」

こちらの狙い通り。父が喜んでくれると、自分も嬉しくなる。

みなさんも、少しいつもと違うプレゼントをあげて、新しい経験をプレゼントしてみては?

父の日は6月17日です!

体を動かす楽しみギフト
ソウ・エクスペリエンス

セグウェイガイドツアーin昭和記念公園
セグウェイジャパン株式会社

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP