bouncy
ABOUT US
Products

落とし物タグMAMORIOの新型!シールタグでどこでも貼り付けられる「MAMORIO FUDA」登場

ユーザーが増えるほどに発見率が高くなる落とし物タグMAMORIO。これまではキーホルダー型で装着するスタイルだったが、この度、好きな場所に貼り付け可能なシール型の「MAMORIO FUDA」が、2018年6月1日(金)から登場する。

ノートPCに貼っても邪魔にならない

新しい「MAMORIO FUDA」は、シールタイプで貼る場所を選ばず、身の回りの大事なモノをすべてカバーできそうだ。厚みはわずか3.4mmなので、ノートPCに貼っても違和感なく使えるはずだ。

高価な電子機器類を管理できるだけでなく、なくすと困るプライバシーの詰まった手帳などの文房具や、タグをつけづらいスケボーの裏などにも使用可能となっている。

税込2,980円で購入可能で、Amazonヨドバシカメラビックカメラでも取り扱いがあるとのこと。バッテリー寿命は約1年間で、その後は半額で新品と交換できる電池交換プログラムも利用可能だ。

MAMORIOの機能はそのまま

「MAMORIO FUDA」を含むMAMORIOシリーズのタグは、アプリと連動してタグの居場所を確認できるシステム。タグ自体にGPSは搭載していないが、MAMORIOアプリユーザーがタグとすれ違うと検出され、持ち主の元へ現在地情報が表示される仕組みとなっている。

また、駅や街中にタグを検出する「MAMORIO Spot」の設置も進められている。MAMORIOは公式サイト上でタグの効果をカウントしており、過去24時間以内に6,000人を超えるユーザーがタグとすれ違い、100個以上の紛失タグが発見されているという。

本当に見つかってネットでも話題に

MAMORIOは以前にも盗難にあった財布が、ディズニーランドで発見されたことで話題にもなった。「MAMORIO FUDA」も同様の機能を発揮できるため、大事なモノに装着しておきたい。

・ ・ ・

また、今回の発売を記念し、5月24日から2週間、「MAMORIO FUDA」を貼りたいものをSNSにアップするとユニークなアイデア10名に「MAMORIO FUDA」が当たるキャンペーンも行われる予定。

「貼る」という使い方で、より幅を広げた新型落とし物タグ「MAMORIO FUDA」。なくなってから慌てる前に、大事なモノはIoTの力で管理してみては?

MAMORIO FUDA
MAMORIO株式会社

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP