bouncy
ABOUT US
Products

紙ヒコーキをスマホで操作!? わくわくが止まらない「POWERUP」キット

小学生の頃に紙ヒコーキの折り方を工夫して、飛距離を競ったことはないだろうか。「POWERUP」シリーズのキットを使えば、紙ヒコーキにプロペラと尾翼が追加でき、スマホでドローンのように操作できる夢のようなキットとなっている。

買える?

PowerUp Toysの公式サイトのショップでは、3種類の紙ヒコーキ操作キットを購入可能。第一世代の「POWERUP 3.0」が99.99ドル(約1.1万円)。第二世代の「POWERUP DART」は定価118.95​ドル(約1.3万円)だが、記事執筆時点では割引価格の69.95ドル(約7,700円)で、ハイエンドモデルの「POWERUP FPV」は、定価219.99​ドル(約2.4万円)となっている。

また、POWERUP DARTはIndiegogoでプロジェクトも実施中で、37ドル(約4,100円)からの出資プランで入手することも可能だ。

もっと詳しく

お手製の紙飛行機をスマホ操作可能にして、滞空時間や飛行速度を強化するキット「POWERUP」。3つのキットの違いは、以下のようになっている。

POWERUP 3.0

最もシンプルな第一世代のキット。プロペラと尾翼をスマホでコントロールすることで、最大10分間の滞空飛行時間を誇る。

POWERUP DART

「POWERUP 3.0」に着陸用のタイヤを追加したするなど、改良された第二世代のキット。もちろんスマホで操作でき、最大飛行速度は時速40kmに達するという。

POWERUP FPV

2基のプロペラとカメラモジュールを搭載し、飛行中の映像をリアルタイムで送信できるハイエンドキット。お手製の紙ヒコーキではなく、専用の台紙で作る紙ヒコーキも同梱され、VRヘッドセットを使えば、空を舞う紙ヒコーキの視界を体験可能だ。

・ ・ ・

紙ヒコーキの性能を限界まで強化する「POWERUP」。工夫を凝らす楽しみは失われるかもしれないが、手製の紙ヒコーキでは実現不可能な飛行体験に、子供から大人までわくわくが止まらない。

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES