bouncy
ABOUT US
Technology

右腕を失ったドラマーが再びリズムを刻む -ドラム演奏用のロボット義手プロジェクト「Cyborg Drummer」

感電事故で右腕を失ったドラマーのJason Barnes氏が、ロボット義手を開発するプロジェクト「Cyborg Drummer」。プロのドラマーを目指していた同氏は、事故直後「すべてを失った」と希望を失いかけていたが、再びドラムを叩くため立ち上がったという。

ジョージア工科大学と協力し立ち上がったプロジェクト

当初右腕に包帯でスティックを巻きつけてドラムを叩いていた同氏は、ジョージア工科大学で人工知能やロボティクスを研究するGil Weinberg教授に出会い、ドラム演奏用の義手開発に着手し始める。

開発されているのは、先端に取り付けた2本のスティックをモーター駆動で高速かつ細かに制御可能なハイテクロボット義手だ。

身体能力をも超えた新たな可能性を届けるロボット義手

このロボット義手は、腕の筋肉の動きをセンサーが感知しAIが推測することで、プログラムされたパターンを自動で実行する仕組みで、生身の手を動かしているような感覚で演奏できるという。

加えて人間には不可能な速度でリズムを刻むこともでき、身体能力をも超えた新たな可能性を提供している。

テクノロジーが、人々の失いかけた希望を再びその手に届けていく。

Cyborg Drummer
Georgia Tech

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP