bouncy
ABOUT US
Transportation

世界初のハイブリッドマルチコプター「SureFly」が初飛行!

電動ビークルを開発しているアメリカのWorkhorse社の「SureFly」は、エンジンとモーターを搭載した、世界初のマルチコプター。2017年のパリ・エアー・ショーで世界初公開され、現在も順調に開発が進んでいるようだ。

世界初のハイブリッドマルチコプター

「SureFly」は、4つのプロペラアームに加え、各アームには2重反転ローターが実装されている。飛行距離は約110km、1時間の飛行(燃料満タン時)が可能だ。

プロペラを駆動させるのはヘリコプターと同じようにエンジンだが、リチウムイオンバッテリーによってバックアップされているので、エンジン故障時には最大5分間プロペラを駆動させることができる。それでもダメそうな場合に備えて、パラシュートも搭載しているので安全性が非常に高い。

ヘリコプターよりも安価を目指している

機体はカーボンファイバー製のため軽く、重量は約500キログラム程度しかないとか! また、ご覧の通りコンパクトサイズのため、アメリカの一般的な家庭の庭に駐機することもできるとのこと。

気になる価格は20万ドル(約2000万円)以下を想定しているようで、ヘリコプターの価格と比較するとまさに破格だ。

・ ・ ・

車はなかなか空を飛びそうにないので、未来の街の風景は「SureFly」のようなマルチコプターが飛び交っているのかも?

Surefly
Workhorse Group Inc.

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES