bouncy
ABOUT US
Event

「現代では聴覚の障害よりも、テクノロジーの方が勝っている」〜落合陽一が音楽をアップデートした日【「耳で聴かない音楽会」本番当日レポート】

「オーケストラをどうアップデートするか、それが一番の課題」
と、兼ねてから語っていた落合陽一氏が、半年でひとつの答えに たどり着いた。

4月22日、丸の内にある東京国際フォーラムで、日本フィルハーモニー交響楽団主催の「耳で聴かない音楽会」が開かれた。このコンサートは、聴覚支援システムというテクノロジーを活用して、聴覚に障害のある方も楽しめる、というコンセプト。

落合氏はその中で、聴覚支援システムを担当した。

筑波大学の研究室の学生、ピクシーダストテクノロジーズのメンバーと、自身が代表を務めるCREST xDiversityのメンバーと共に、昨年からデバイスの構想を練り、今年の2月から聴覚障害者とのデバイス実験数回行い、トライアンドエラーを繰り返し、3つの異なるデバイスを開発。

「ORCHESTRA JACKET」落合陽一氏と博報堂、株式会社GOが開発した、着ることで音楽を全身で体感できるジャケット型のウェアラブルデバイス

「SOUND HUG」抱きかかえることで音楽を視覚と振動で感じられる球体型デバイス。今回のイベントのために専用開発。

「Ontenna」光と振動によって音を伝えることができるデバイス。富士通・本多達也さんが開発。CREST xDiveristyメンバーとして、昨年度よりともにいくつかのプロジェクトを行っている。

コンサート本番が始まった

本番を迎えた会場には、聴覚障害のある方が60名以上、クラウドファンディングの出資者等、大人から子供まで計230名と、多数のメディア関係者が殺到し、会場を埋め尽くした。

聴覚に障害がある人も、ない人も、一緒になってモーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』の第1楽章を振動と光とともに楽しんだ。

プログラムの中で、一番革命的な光景だった

というのが、ウェアラブルデバイス「オーケストラ・ジャケット」を着て、ラデツキー行進曲の指揮を体験する場面だ。

有志で募ったこの体験に、手を挙げたのは、聴覚に障害のある人たちばかり。身体に響く低音や振動を頼りに、両手を振り上げて指揮していた。そのうちの一人が「これで初の聴覚障害者の指揮者が誕生しました」と嬉しそうに話していた。

この歳になって、やっと本物のオーケストラをちゃんと楽しむ事が出来ました

3歳から耳が聞こえなくなり、音楽から遠ざかっていた女性。
吹奏楽をやっていた娘さんの演奏会には何度も行ったが、ちゃんと楽しむことは出来なかったという。その娘さんから、今回の話を聞き、愛知県から来場された。


装着している人工内耳では、音の強弱は伝わってくるが、音楽の細かい部分、リズムや、何が音を奏でているのかが、わからなかったそう。

しかし、このコンサートでは、デバイスや演奏中の楽器を、リアルタイムにスクリーンに映し出し、弦楽器の振動を可視化するなどの、細かな配慮がなされていた。だから、“本物”のオーケストラを“ちゃん”と楽しめたのだという。

聴覚の障害にテクノロジーが勝っている

コンサートを終えたばかりの落合陽一氏が、今回の試みに対する感想を語ってくれた。

ーーーようやく実現した「耳で聴かない音楽会」を終えて、いかがですか?

小学生ぐらいの子どもが、リズムを取ってたのが良かったです。やっぱり子供はダマせないから。

「耳が聞こえない人をイメージする」というのは、耳が聞こえる人にはすごく難しい。ともすれば、感動の押し付けになりやすい。人に「楽しい」を強要されるほど、つまらないことはないじゃないですか。そういう風にはなりたくなかったので、子どもの反応が嬉しかった。強要されなくても楽しいのだな、と実感できました。

このコンサートが、耳が聞こえる人にとって楽しくない、普通な体験だったとしても、耳が聞こえない人に楽しかったならば、僕らのチューニングは成功していたと思っていて、それは、結構頑張ったと思います。

ーーーこのプロジェクトをやってみて、新たに気づいた事などはありましたか?

完全に聞こえない人って意外といなくて、完全に見えない人も意外にいない。

その分だけ、刺激を与えれば、その分反応も返ってくる。現代の「聴覚」というのは、音声認識機能を使えば字幕が出るし、補聴器や人工内耳を使えばある程度聞ける。テクノロジーの方が今は勝ってる。ハードウェアだけでなく、機械学習技術を用いれば、まだまだ改善できることもたくさんあるように思える。

僕が思うに、聴覚が悪くなってしまった人たちが、どうやって自分の聴覚に合わせて、Hackableにするか。つまり、自分で情報技術を取り入れて、自分で使えるようにしてくれるか、今回がそういう事を考えるきっかけになればいいなと思う。

・ ・ ・

「耳の聞こえない人も楽しめる音楽」というのは、音楽の新しい形の第一歩だったかもしれない。
4月22日は、「音楽アップデートの日」という祝日が制定されてもおかしくない、とさえ思えた日曜日だった。

さらに、今年の8月27日には、「落合陽一×日本フィル プロジェクト VOL.2」が開催されることが決まっている。
次は、落合陽一がテクノロジーを使って、どんな試みをするのかが楽しみだ。

落合陽一×日本フィル プロジェクト VOL.2
公式H.P. https://www.japanphil.or.jp/concert/23302
2018年8月27日(月)19:00開演
@東京オペラシティコンサートホール
指揮:海老原光 / 演出:落合陽一 / ビジュアルデザイン:WOW
曲目:ラヴェル「ボレロ」他

RECOMMEND

PICK UP

NEW ARTICLES