bouncy
ABOUT US
Technology

一緒に暮らして2ヶ月、Alexaと編集長の日常は…?

Amazonから販売されているスマートスピーカーの「Echo」。その頭脳である音声サービスの「Alexa」は、話しかけるだけで音楽の再生、天気やニュースを読み上げ、本の朗読までしてくれる。

今回は、そのEchoを購入して2か月というbouncy編集長とAlexaとの会話の様子をお届け。

実際にやってみる

編集長が言うには、「聞き取れる場合と聞き取れない場合があるが、あたかも赤ちゃんやペットと会話しているみたいで楽しい」とのこと。Alexaに限らずスマートスピーカーの購入を考えている人、どう反応するのか見たい人もいると思うので、実際に聞いてみよう。

会話ができている例

ーーアレクサ、2018年の人気のHIP HOPをかけて?

アレクサ:2018年のHIP HOPの人気曲を再生します

ーーアレクサ、子供の曲かけて?

アレクサ:Amazon Musicの子供の曲ステーション、「親子で聴くキッズソング」を再生します

という風に、ジャンル名などを話しかければ、Amazon Musicから音楽をかけてくれる。「元気になる曲かけて」という風に気分を伝えても、「元気になるステーション」などを再生してくれることもあるのだ。

ーーアレクサ、タイマー10分セットして?

アレクサ:10分のタイマーをセットします。

ーーアレクサ、タイマーはあと何分?

アレクサ:9分38秒です

このように、ハンズフリーでタイマーをセットできるため、料理をする人は重宝するはずだ。タイマーを連続でセットすれば、同時進行で複数の時間も計ってくれる。

会話がすれ違っている例

ーーアレクサ、Mr.Childrenの曲なんかある?

アレクサ:マーチャイルドレンドの楽曲は…

ーー誰それ!?アレクサ ストップ!

伝える内容にちゃんと返事をする時もあれば、全く要求していないことをする事もあるAlexa。編集長いわく、ペットと話しているような感覚で、頼んでいないことを話し出しても、フラストレーションはそこまで溜まらないかも?

Alexaは進化する

なお、他にもKindleに入っている本を朗読したり、その日の天気を聞いたりと、使い方はさまざま。クラウドベースの音声サービスであるAlexaは、話せば話すほど持ち主の話し方や好みも学んで、聞き取りの精度も上がっていく。

Alexaと編集長の会話も、今はまだうまくいかない部分もあるが、それも徐々に改善されていくはず。IoT家電でも大事な存在になるであろうスマートスピーカー、実際に購入して、その成長を楽しむのもありなのでは?

Amazon Echo
Amazon

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES