bouncy
ABOUT US
Technology

簡単にバーチャルYouTuberへ変身?iPhoneアプリ「パペ文字」を使ってみた!

iPhone Xの顔認識機能を使って、自撮りした自分が美少女や動物に変身できる動画撮影アプリが「パペ文字」だ。誰でも簡単に話題の「バーチャルYouTuber」のような映像が楽しめるということで、実際にbouncy編集部がチャレンジした。

匿名で動画を公開できるアプリ

iPhone Xのカメラには顔認識機能があり、顔の動きをそのままアニメーションにする「アニ文字」も作成可能。「パペ文字」は、このアニ文字を応用したiPhone X専用アプリとなっている。

アニメーションを作成するだけのアニ文字と異なり、「パペ文字」は自撮りした人の全身を映したまま、顔だけを美少女や動物に変えたり、背景を変えて全身をバーチャル化したりすることが可能。YouTubeなどへの連携機能もあり、自分の顔をネットにさらすことなく匿名配信ができるようになっている。

実際に試してみた

実際に「パペ文字」を使ってみたところ、使い方に難しいところはなく、スムーズに「バーチャルYouTuber」への変身を体験することができた。顔を美少女や動物に変換すると、口や目の動きもしっかり認識されていた。

なお、顔だけでなく全身をバーチャル化すると、「スノー 」のようなアプリとは異なる新鮮な体験に、思わず「おお〜」と驚きの声があがった。全身バーチャル化の場合、手足の動きは認識されないものの、画面をタップすることでパペット人形のように、バーチャルの腕を動かすことが可能だ。

さらに、背景を仮想空間に変換する機能を使えば、部屋が片付いていなくても気にせず動画を配信できる。周囲に人がいても仮想空間の中には映り込まないので、周りを気にせずに匿名配信が楽しめるようになっている。

・ ・ ・

モーションキャプチャーや、PCの3DCGソフトなどを使って作られるバーチャルYouTuber。素人がイチから始めるには敷居が高いものの、「パペ文字」ならiPhone Xさえあれば手軽にバーチャルYouTuberになることができる。おっさんの動画は誰にも見られないかもしれないが、美少女になれば一躍人気者になれるかも?

パペ文字
株式会社ViRD

RECOMMEND

SPONSORED

PICK UP

NEW ARTICLES