bouncy
ABOUT US
Technology

人間と共に働くチューリッヒ工科大学の「ロボット大工」とは?

チューリッヒ工科大学の研究者が、「Spatial Timber Assemblies」と呼ばれるロボットを使った木骨造の自動建築プロセスを開発した。従来の建築手法では難しい複雑な組み立てを正確に行うことができる一方で、ロボットには難しい作業を人間の手で補うという。

梁(はり)の切り出しから木材の配置まで

チューリッヒ工科大学が開発した建築システムは、木材から住居の屋根を支える梁(はり)を切り出し、2本のロボットアームを使って幾何学的に木材を配置する。木材と木材を固定するボルト締めなどは人間が行う必要があるため、ロボットと人間が共同で作業する近未来の建築システムとなっている。

人間だけでは難しかった空間的な配置を可能にしたことで、従来の木骨造に不可欠だった補強板が不要になり、より少ない木材で、より強度の高い造りを実現しているという。

人間とロボットが生み出す相乗効果

これらのシステムは、実在する大工の専門知識を参考に設計されている。その一方で、人間の技術から生まれた「ロボット大工」が一部のデジタル化することで、職人も従来の専門知識を活用するという相乗効果が期待できるそうだ。

・ ・ ・

「職人技」から生まれたロボットが、人間とともにより良い住居を作り出す。デジタル化されたロボットアームにも職人魂は宿っているのかもしれない。

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP