bouncy
ABOUT US
Products

シュノーケリングをさらに楽しくするマスク「H2O Ninja Mask」

泳げない人でも楽しめるマリンスポーツといわれている、シュノーケリング。スキューバダイビングとは異なり、浅瀬で潜るため酸素ボンベも不要。また、免許も不要なので気軽に挑戦できるところが魅力となっている。

このシュノーケリングで必要になるマスクと言えば、ゴーグルで目を覆い、口にチューブを加えるタイプが一般的だ。しかし、口のみでしか呼吸できないことに恐怖を覚えてしまったり、ゴーグルが強く顔面を圧迫するために痛くなってしまったり、シュノーケリングを楽しみたくても苦手意識を持っている人も少なくないはず。

そんな人たちのために、ハワイの企業が開発した「H2O Ninja Mask」は、見た目もカッコよく、機能性にも富んでいるフルフェイスタイプのシュノーケリングマスクだ。

口呼吸と鼻呼吸ができ、さらに視界も広がるというから、このプロダクトはシュノーケリングマスクの新しい定番となりうるかも知れない。

自然な呼吸で不快感なし

従来のシュノーケリングマスクと比べ、「H2O Ninja Mask」はフルフェイスタイプである点が大きく異なる。顔全体を覆ってくれるので、マウスピースをくわえる必要がなくなり、地上でする呼吸と同じように水中でも呼吸ができるのだ。

従来のマウスピースはゴム臭がしたり、口が疲れてしまったり、レンタルの場合は他の誰かが使用したマウスピースをくわえなければいけなかったりと懸念材料がいくつもあった。

「H2O Ninja Mask」は、通常の呼吸でOKになったことにより、水中に潜っていられる時間が最大50パーセントも増えたという。長く水中でキレイな世界を楽しめることは、シュノーケリングの醍醐味を長くエンジョイできることに繋がるため、大きなメリットといえる。

広くクリアな視界を確保

さらに重要なのがその視界の広さだ。「H2O Ninja Mask」はフルフェイスタイプのため、視界を180°に広げてくれる。これによって、海の様子が良く見えたり、仲間の表情も把握しやすくなるなど、よりシュノーケリングが楽しくなりそうだ。

また、従来のシュノーケリングマスクよりも曇りを軽減し、視界をクリアに保ってくれるのもうれしい。

顔が濡れないマスク

「H2O Ninja Mask」を装着していれば、顔に水がかからないのも利点の一つに挙げられるだろう。水中にいるのに顔が濡れない、というのは少し違和感を覚えるかも知れないが、クラゲやウミヘビなどから身を守るためにも肌の露出はなるべく控えたい。

女性ならば気になるメイクについても、崩れることを気にせずに楽しめるだろう。またヒゲを伸ばしている男性も、「H2O Ninja Mask」なら問題なく装着し潜れるという。オシャレを我慢せずシュノーケリングを楽しめるのは嬉しいメリットだろう。

「GoPro」で水中撮影ができるタイプも

「H2O Ninja Mask」にはいくつかのバリエーションがある。スタンダードなオリジナルバージョンと、マスクの上部にアクションカメラ「GoPro」取り付けることができる「GoPro Edition」だ。あなたが目にした水中うの神秘的な世界を記録し、みんなでシェアしよう。

また子ども用も発売を開始しており、家族そろってシュノーケリングを楽しむことができるようになった。

「H2O Ninja Mask」は、その革新的なアイデアでシュノーケリングへのハードルを心理的にも物理的にも下げてくれるプロダクトだ。思い切って水に飛び込めば、新しい世界が広がるかも?

H2O Ninja Mask
Courtesy of H2O Ninja Mask

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...