bouncy
ABOUT US
Technology

スーファミのリモコンで操作!?なめらかに泳ぐ魚型ロボ「SoFi」

テクノロジーが発展を続ける現代でも、まだまだ謎の多い海の中。そんな海洋研究を推進するべく、MITコンピュータ科学・人工知能研究所(CASIL)が、魚のように泳ぐことでさらなる海洋探索を可能にするロボット「SoFi」を開発した。

「SoFi」とは?

柔らかなシリコン製の尾びれと、内蔵する浮力の制御装置によって、本物の魚のような泳ぎを可能にするロボット「SoFi」。プロペラ駆動のものが多い従来の水中ロボットに対して、「SoFi」は自然に魚の付近を泳げることを目標としている。

これまでの水中ロボットでは難しかった貴重な映像を撮影できることが期待されている。なお、「SoFi」は海洋研究のために開発されたもので、製品化の予定はない。

もっと詳しく

「SoFi」は内蔵のバッテリーで最大40分間の遊泳ができ、水深50フィート(約15フィート)まで潜ることが可能。特にユニークなのが、スーパーファミコンを改造したコントローラーだ。水中でも伝わる超音波を通じて、水泳速度を変えたりターンさせたり、なめらかな操作が可能だという。

頭部にはLinux PCを搭載しており、将来的には魚を自動追跡するシステムの搭載も計画している。

・ ・ ・

「SoFi」の開発者は「海洋生物の謎を解明する可能性を持つ」と話しており、今後の活躍が期待される。海洋生物に可能な限り無害であることを目標に開発された「SoFi」。スキューバダイビングをしている時、隣に「SoFi」が泳いでいても気づかないかも?

SoFi
MITコンピュータ科学・人工知能研究所(CASIL)

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES