bouncy
ABOUT US
Products
逆転の発想で雨の日の憂鬱を解消してくれる傘「Suprella」

雨の日には、なくてはならないのが「傘」。

使い捨てのビニール傘から、1本数万円の高級な傘、折りたたむとポケットサイズになる傘など、世の中にはさまざまな種類の傘があり、「傘」の専門店も人気だという。

しかし、ひとたび雨が止んだ途端、傘は厄介者扱いをされてしまう。雨に濡れた傘によって、自分の服やカバンが濡れてしまったり、雨の日の満員電車などでは、他の人を濡らさないように、常に気を張っていなければならない。

言ってしまえば、「ありがたいけど、ちょっと不便」。

そんな「傘」に対するちょっとした不満を、まさに「逆転の発想」で解決してくれるのが、ドイツ・ベルリンのスタートアップ企業「Suprella」が開発した傘「Suprella」だ。

濡れた面を「内側」へ

「Suprella」は、上下逆さまに開く仕組みになっている。つまり、傘を畳んだ際、外側になっていた濡れている面が内側にくるということだ。まるで傘をひっくり返したようなイメージ。まさに、これが逆転の発想なのだ。

濡れている面が内側にくるので、周囲が濡れたりすることはもうなくなる。傘のどこをつかんでも乾いているので持ち方や置き場所に困ることもなくなるのだ。さらに、彼らいわくこの「逆さま」の仕組みにより、従来の傘よりも強度が2倍になったとのこと。

ちなみに、この傘はなんと「自立」するので、従来の傘のようにカッコ悪く足で挟んだり、立てかける場所を探してあたふたする必要がなくなるのだ。傘の自立機能は、想像以上に助かるはずだ。

さらに、傘に使われている生地は、特別なハイテク・ナノコーティング技術で湿気や水滴を吸収しないとのこと。雨粒は吸収されることなく、生地の上をコロコロと転がり落ちるのだ。これならば、いちいち乾かしたりするアフターケアに手間をかける必要もなさそうだ。

車の乗り降りシーンで本領発揮

通常の傘は、開く時も畳む時も、ある程度のスペースが必要である。「Suprella」も、もちろんスペースの確保は不可欠であるが畳むシーンでは、従来の傘とは大きく異なる特徴がある。

例えば車に乗り込む時などは、ギリギリまで傘をさしていたいけれど、傘を開いたままだと端が車のドアにぶつかってしまうので、どうしても「傘を閉じてから乗る」という流れになり、濡れてしまう。

しかし「Suprella」なら、傘を畳みながら車に乗り込むことが可能だ。狭いスペースでも畳めるので、車のドアを最小限開けて作業ができる。開くときも少しのスペースで開けるので、車の乗り降りも「Suprella」と一緒にいれば濡れなくて済むだろう。

「Suprella」はカラフルなデザインで、雨の日も元気に快適に過ごせそうだ。さらにUVカット機能もあるので、雨の日だけではなく日常的に使うこともできる。

「逆転の発想」で、傘をより便利にした「Suprella」。この傘が普及すれば、雨の日のイライラが世の中から減っていくかも?

Suprella
Suprella

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...