bouncy
ABOUT US
Technology

MR(複合現実)って何?VRとARの違いもわかりやすく解説してみた

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)をさらに発展させた、MR(複合現実)。マイクロソフトやソフトバンク、Google、Facebookなど、名だたる企業が次の未来を担う新技術として注目している。しかし、そもそもVR、ARとどのような違いがあるのか?今回は、そもそもMRとはどういった技術で、VR・ARとどのような違いがあるのか、どういった形で活用されているのかについて解説する。

MR(複合現実)とは

MR(複合現実)とは、Mixed Realityの略語。いま最も注目されている最先端技術のひとつだ。FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグも、2017年4月に開いた開発者向けイベントで「スマートフォンの次のプラットフォームを担う存在」としてMRを挙げている。

MRの最大の特徴は、現実世界にCGの仮想世界を融合させるだけではなく、さらに確認や操作もできる点。ゴーグル型の機器を装着すると、周囲の現実の風景にコンピューター映像が重なって表示される。ゴーグルには手の動きを感知するセンサーが搭載されており、手でさまざまな操作も可能だ。MRによってSF映画のような世界が実現されるだろう。シミュレーションが重要な製造業や医療、建築、テレワークなど幅広い分野でも活用されている。

ちなみにMRの技術は、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を発展させたもの。では、そもそもVRとARとはどういった技術なのだろう。

VRとの違いは

VR(仮想現実)はVertial Realityの略語。映像の世界(仮想現実)に実際に入り込んだかのような体験ができる技術だ。専用のゴーグルを使用し、CGや360°カメラなどで撮られた全周囲映像を体験することができる。右を向けば右の景色、左を向けば左の景色が見える点が特徴だ。

VRの技術活用が有名なのはゲームや映画。VRゴーグルを装着すれば、実際にその映像世界に自分が存在しているような感覚を味わうことができる。2016年には、ソニーが家庭用ゲーム機の機器「PlayStation VR」を発売。高価格帯にもかかわらず発売当初から大人気を博し、供給不足が続いた。

現実世界と仮想世界が融合したMRと異なり、VRは没入型のゴーグルを用いることで、完全にデジタル映像の世界に入り込む点が特徴だ。

ARとの違いは

AR(拡張現実)は、Augmented Realityの略称。現実世界にCGでつくられた3D映像やキャラクターなどの仮想世界を重ねて「拡張」する技術だ。AR技術によって、まるで現実世界にCGキャラクターが現れたような体験ができる。

代表的な事例は、スマホのゲームアプリ「ポケモンGO」だ。また、自撮りの顔に動物の耳や鼻などのCGを重ねて表示するカメラアプリ「SNOW」もARの技術を活用している。

現実世界に仮想世界を重ね合わせる点ではMRと同じだが、CG映像を操作することはできない。さらに、MRでは、利用者の動きにシンクロさせることができるため、例えば、表示させたホログラム歩き回りながら確認する、といったことも可能だ。

MRとVR、ARの違いをご理解いただけただろうか。このように、VRとARのそれぞれの技術を発展させたものがMRなのだ。では、具体的にどのように活用されているのかを見ていこう。

MRの活用事例

例えば、マイクロソフトは専用のMR端末「Microsoft HoloLens(マイクロソフト・ホロレンズ)」を2017年、日本市場に投入。海外では先行して、自動車メーカーのボルボが新しい車両の設計などに活用している。日本では、日本航空が航空機の操縦やエンジンの整備の訓練に採用した。

ホロレンズを活用しているのは大手企業だけではない。新潟県の小柳建設では、橋やトンネルなどの建設工事の検査や工事の計画にMRを活用している。

建築現場での活用

MRは、建設工程の短縮に活用されている。これまで工事を行う際は建設会社と下請けの業者、設計者や施工主などが集まって打ち合わせをしたり、実際に建設現場に足を運んだりして、何度も話し合いやシミュレーションする必要があった。しかし、MR技術の導入により、それぞれが自分の会社でゴーグルを装着し、バーチャル会議が可能に。工事に関する設計図などの資料もデータ化することで、ゴーグルの視界にいつでも呼び出すことができる。

医療の現場での活用

ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社と、歯科業界のリーディングカンパニーである株式会社モリタは、MR技術を使って歯科手術トレーニングができるシステムを世界で初めて開発した。

歯科医師が専用のゴーグルを装着すると、目の前にいる患者の歯に、あらかじめ撮影された本人の神経や骨、血管などの映像が重なって表示される。歯科医師は、ゴーグルを装着したままで、映像を参考に手術を進行。ゴーグルには手の動きを感知するセンサーが搭載されており、カルテを呼び出したり、映像を拡大したりすることも可能だ。

今後のMRはどう展開するか

MRを活用することでリアルな検討や議論を行うことが可能だ。建築物、旅客機などの完成イメージや動作を、細やかに事前確認することができる。内部構造が重要な学習・研修においては、実物では見えない部分・情報を検討できる点も魅力だ。これまでよりも、さらに効率的に、そして安全に仕事をすすめることができるだろう。

MRを活用すれば、場所にとらわれることがない。チームが世界中に分散していても一緒に仕事をすることが可能だ。リモートワークでの活用も期待できる。

ビジネスの現場での活用だけではなく、博物館や美術館などでの活用も魅力的だ。展示施設で実物大の動くホログラムを見せれば、新たな体験を提供できる。グーグルから5億4200万ドル(約650億円)の出資を受け開発を進めるマジックリープ社は、仮想現実システム「Magic Leap」によって体育館に巨大なクジラを出現させ話題となった。実際に見ることができない動物や美術世界を体験できたら、子どもたちにとっても素晴らしい体験になるだろう。

今後さらにMRが活用される場が増えるに違いない。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP