bouncy
ABOUT US
Event

街中がお祭り騒ぎ!テックとカルチャーが融合する「SXSW 2018」初日の様子は?

2018年3月9日(米国時間)、世界最大級のフェスティバル「SXSW 2018」が、テキサス州オースティンで幕を開けた。毎年数十万人もの人数が世界中から集まるクリエイティブの祭典は、開催初日から熱気に包まれていた。

「クリエイティビティ(創造性)」と「ダイバーシティ(多様性)」

朝の10時30分から、SXSWコミュニティでチーフプログラミングオフィサーを務めるHugh Forrest氏が、「Welcome to SXSW」というカンファレンスを開催。場所はSXSWのメイン会場となるAustin Convention Centerで、朝から行列ができるほどの人が詰めかけた。

Hugh氏は、1987年に始まったSXSWは、もともと小さな音楽フェスだったことに触れた。その頃からメインテーマに掲げていたのは「クリエイティビティ(創造性)」だったが、テクノロジーとカルチャーが混ざり合う2018年のSXSWでは、「ダイバーシティ(多様性)」にもフォーカスすることについて語った。

ほかにもHugh氏は、注目のセッションや、SXSWの公式アプリ「SXSW GO」の新機能についても触れた。各セッションの詳細の閲覧、お気に入りに保存、地図の表示など様々な機能を持つSXSW GOだが、今年はセッションごとの混雑度をリアルタイムで表示するようになり、「緑(空いている)」「黄(少し混雑)」「赤(混雑)」のゲージで一目でわかるようになっている。

会場を訪れた参加者の想いとは?

世界中から様々な人々が訪れるSXSW。街ゆく人たちに話しかけ、「SXSW 2018」に来た目的や目標を尋ねてみた。一切の制限なしで全セッションに入場できるチケット「Platinum Badge」を持つグループは、Interactive、Music、Filmのセッションをくまなく体験したいと話してくれた。

勤め先のブラジルの会社からトレードショーに出展予定という男性は、自社製品を見てもらうだけでなく、今後数年で実用化されそうな、最新テクノロジーのトレンドをつかみたいと語った。

8日間で2000以上のセッション

Interactive、Music、Filmでのべ2000回を超えるカンファレンスやセッションが開催される「SXSW 2018」。初日に行われたスタートアップ5社がデモを披露する「Startup Spotlight」では、AI駆動型データサイエンスサービス「Ople」のCEOであるPedro Alves氏に話を聞いた。

AIを使った独自アルゴリズムを開発したことで、通常数ヶ月かかるデータサイエンスのプロセスを、数分にまで短縮できるという。実際に目の前でデータを数分で処理するデモも披露してくれた。「SXSW 2018」で体験者のリアルな反応を、製品化に生かしたいそうだ。

また、Women's Wear Daily(WWD)のラウンジイベントには、アプリで自撮りするとメイクアップが可能な「YouCamApp」の体験ブースも出展されていた。

テクノロジー系のイベント以外にも、オースティンの名物料理となっているBBQが40ドル(約4,200円)で食べ放題のイベントもあり、知的好奇心だけでなく食欲も満たしてくれる。

Filmの分野では、映画「A Quiet Place」の世界プレミア試写のために女優のエミリー・ブラントが訪れ、注目を集めた。

熱狂のお祭り騒ぎ

日中から夜にかけて歩行者天国となっているメインストリート(6th ストリート)は、バーやパブが建ち並んだ通りとなっており、夜に近づくにつれてお祭り騒ぎの様相を呈する。あちこちの店から大音量のBGMが流れ、ストリートライブもあちこちで見られる。

注目を集めていたのは、無人でドラムビートを刻むロボットだ。製作者はクラシック演奏者の男性で、パートはヴィオラを担当しているとのこと。このドラムロボットを製作するためにプロジェクトをスタートし、音楽以外のプログラミングなどのスキルを補い合って、完成に至ったという。

・ ・ ・

小さな音楽フェスから始まったSXSWは、TwitterやAirbnbなどの有名サービスがブレイクするきっかけを作り、世界最大級のテクノロジー展示会と発展した今でも、「人々との交流」というフェスの醍醐味をその身で味わうことができるのだ。テクノロジーとカルチャーが混ざり合って生まれる、クリエイティビティと多様性が、人々をSXSWに引きつけている。

SXSW 2018
■開催場所:アメリカ合衆国テキサス州オースティン
■開催期間:2018年3月9日〜17日(日本時間:3月10日〜18日)

■リアルタイム更新中!「SXSW 2018」取材記事一覧はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP