bouncy
ABOUT US
Products

瞬時に自宅の間取りを3Dモデルで再現するガジェット「Archisketch」

引越し前、あるいは引越し後の家具や家電の配置はなかなか難しい。ソファーを置いた時のイメージが異なっていたり、洗濯機が予定していた場所に入らないとがっかりしてしまう。そんな面倒をなくすべく、2Dや3Dモデルで自宅やオフィスの間取りを再現するスマホ用ガジェット「Archisketch」が登場した。

「Archisketch」は、クラウドファンディングサイトの「Indeigogo」にて、134ドル(約1万4000円)で仮予約を受け付けている。製品は2018年6月に出荷され、20ドルの送料で日本への配送に対応している。

スマホを合体させて部屋をパシャリ

部屋を読み取ると聞くとなんだか難しそうだが、「Archisketch」の使い方は実にシンプルだ。本体にスマートフォンを合体させ、アプリのカメラ機能で部屋のコーナーにラインをあわせてスキャンしていく。すると本体搭載のレーザーが部屋の距離を読み取り、2Dや3Dモデルによる間取り図を完成させるのだ。また、本体では家具の大きさのも測定できる。

完成した部屋の間取り図は、クラウド上のウェブ・エディターで参照できる。この間取り図では家具を配置したり、壁紙を変えたりしながら、理想のインテリアを再現することが可能。またVRヘッドセットを利用すれば、まるで自分が仮想の間取り図の部屋にいるような体験もできるのだ。

家具の購入も可能

「Archisketch」のウェブ・エディターにはさまざまな家具が用意されており、3Dモデルに家具を配置するだけでなく、ショッピングサイトに移動して購入も可能。また自分が所有する家具の3Dイメージをインポートして利用することもできる。

「Archisketch」の開発のきっかけは、従来型のプロが部屋を訪れて3Dモデルを作成する方法が、時間やお金ががかかりすぎるという問題から始まった。レーザーとスマートフォンを利用する「Archisketch」なら、スキャン後にわずか数分で部屋の3Dモデルが完成する。

・ ・ ・

スマートフォンと組み合わせて、簡単に部屋の間取り図を3Dモデルで作成できる「Archisketch」。引っ越しの際など、活躍間違い無しの周辺機器だろう。

Archisketch
Archisketch,inc

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES