bouncy
ABOUT US
Technology

DJIの片手スタビライザー「RONIN-S」がCP+でついに登場?

ドローンのトップメーカー「DJI」が、2018年春に発売を予定している片手で持てるスタビライザー「RONIN-S」。日本最大規模のカメラショー「CP+」で、そのプロトタイプが披露され、カメラファンを魅了した。

ドローン技術を活かしたスタビライザー

「RONIN-S」は、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計された、DJI初の片手持ちスタビライザー。ドローン技術で培った3軸のジンバルテクノロジーにより、滑らかで手ブレの少ない動画撮影を可能にする。

カメラとジンバル専用のコントロールボタンで、スムーズトラック設定やカメラの録画開始と停止の切り替えが可能。さらにジョイスティックでカメラの位置を変更したり、構図を調整することができる。

DJIの各種アクセサリに対応しているため、外付けのフォーカスモーターやチーズプレートアダプター、さらにはサードパーティ製のアクセサリなど、様々な撮影に対応できる拡張性を持つ。

RONIN-Sを使って撮影

CP+では、プロトタイプが出品され、来場客は新製品の発売に期待を募らせた。一眼用スタビライザーの本命が、動画撮影にイノベーションを起こす?

RONIN-S
発売についての詳細は後日発表予定

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES