bouncy
ABOUT US
Transportation

電動なのに普通のスケボー並にスマートなデザインのスケボー「Inboard M1」

既に欧米などでは手軽な移動手段として人気の電動スケボー。しかし、バッテリーやモーターなど、電動がゆえの付属品が必要となり、結果的にゴテゴテとしたデザインになってしまう場合も多い。

アメリカの企業が開発した電動スケートボード「Inboard M1」、一見電動には見えないスマートなデザインが人気を集めている。販売価格は1399ドル(約15万円)。日本への配送にも対応しているが、道交法上での取り扱いなど、輸入の際にはよくよく気をつける必要があるだろう。

バッテリー交換で遠出も可能

「Inboard M1」は一見スリムなスケートボードだが、ポプラ材の板の部分に交換式のバッテリーが、そしてホイール内には坂も登れるパワフルな1600Wのデュアルモーターが内蔵されている。このようにホイール内にモーターを内蔵したことで、スムーズな加速を実現しているそうだ。最高速度は時速22マイル(時速約35km)で、加速や減速には付属の無線リモコンを利用する。

さらに世界初を謳う交換式バッテリーの採用により、バックパックなどにスペアのバッテリーを入れておけば、バッテリーを交換して長距離のライディングも可能になる。なお、満充電状態での巡航距離は7マイル(約11km)となっている。

街乗りから飛行機での持ち運びまで

「Inboard M1」は付属のトラベルバッグに収納することで、機内への持ち込みも可能。また本体前後にはLEDライトが搭載され、暗い時間帯でも周囲に存在がアピールできる。スマートフォン向けアプリとの連携も可能で、ライディングモードを初心者向けから上級者向けまで選択できる。

「Inboard M1」は交通機関を利用するほどでもない、自宅からスーパーまでなどの「ラストワンマイル」を快適に移動するために開発されたという。本体はIP54の防塵・防水性能に対応し、ホイールモーターはメンテナンスフリー仕様となっているので、近所の気軽な足として利用できそうだ。

・ ・ ・

通常のスケボーと変わりないスマートなデザインと、交換式バッテリーによる長距離ライディングを実現した「Inboard M1」。いつか日本でも、こんな電動スケートボードが自由に乗り回せる日がきてほしいものだ。

Inboard M1
Inboard Technology

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES