bouncy
ABOUT US
Products

0.01ミリ単位の高精細! 1台で4役分働く3Dプリンター「IVI」

中国スタートアップIVI3D社が開発した「IVI」は、デルタ型の3Dプリンター。
0.01ミリ単位の高精細なプリントが可能な上、プリンタのヘッド部分が交換でき1台4役分の働きをしてくれる。

2019年にKickstarterで行ったクラウドファウンディングでは、目標額50,000ドル(約560万円)を大幅に超える、1,318,416ドル(約1億4,000万円)の資金調達に成功している。

詳しくは公式サイトからチェックできる。

1台4役でなにができるのか?

「IVI」は独自の交換できるヘッドモジュールを採用。

FFF方式・SLA方式の3Dプリンタに加え、レーザー彫刻機、CNC彫刻機として切り替えができる。

今後はカメラモジュールも使えるようにして、3Dスキャナを実装する予定だそう。

スーパーマンのプリント時間は118時間以上

動画の冒頭にでてくるスーパーマンのプリントは、118時間以上かかっているそう。

一般的に3Dプリンタは積層ピッチを高くすると(3Dプリントの密度をあげること)、失敗確率が高まる。

しかし、「IVI」は118時間以上印刷にかかったスーパーマンでも完璧に成功している。

・ ・ ・

設計図さえネットで手に入れることができれば、家で好きなものが作れる未来がくるかも?

IVI
IVI 3D

菊丸くん
YouTubeをみるのが大好きな人。動画編集をメインにライターとしても奮闘中!最近闇金ウシジマくんを読んで、借金の怖さにびびっている。ポートフォリオ

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP